(読み)が

精選版 日本国語大辞典「賀」の解説

が【賀】

〘名〙
① よろこび祝うこと。ことほぐこと。祝賀。特に長寿の祝いをいうことが多い。→賀の祝い
古今(905‐914)賀・三四七・詞書「仁和の御時僧正遍昭に七十の賀たまひける時の御哥」 〔後漢書‐礼儀志上〕
木の名。分類真南蛮(まなばん)。香味は甘苦辛。六十一種名香の一つ。足利義満秘蔵の香で、五十の御賀にいたという。

が‐・する【賀】

〘他サ変〙 が・す 〘他サ変〙 めでたいことに対して、喜びの気持を表わす。祝す。ことぶく。
※太平記(14C後)一八「四海静謐の事共賀(カ)し申して」

が‐・す【賀】

〘他サ変〙 ⇒がする(賀)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「賀」の解説

が【賀】[漢字項目]

[音](呉)
学習漢字]4年
喜びの言葉を述べて祝う。祝い。「賀宴賀詞賀正賀状慶賀参賀祝賀年賀
加賀かが国。「賀州
[名のり]いわう・しげ・のり・ます・よし・より

が【賀】

喜び祝うこと。祝い。「米寿の
勅撰ちょくせん和歌集の部立ての一。祝賀の歌をおさめる。
[類語]祝い祝賀よろこび満悦愉悦喜悦喜色歓喜歓心狂喜驚喜随喜大悦恐悦法悦愉楽悦楽愉快大喜び糠喜び空喜び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【算賀】より

…算賀とは年寿を祝賀する意で算は年齢。後世では賀の祝いという。…

※「賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android