コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資源恒久主権 しげんこうきゅうしゅけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資源恒久主権
しげんこうきゅうしゅけん

天然の富と資源に対する永久的主権」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資源恒久主権
しげんこうきゅうしゅけん
permanent sovereignty over natural wealth and resources

天然資源に対して、その地域の人民または民族がもつ権利で、資源を所有し、自由に開発・使用・処分する権利を含む総合的な権利。この権利は、第二次世界大戦後経済的自立を目ざす開発途上国が、国有化問題を契機に経済的自決権として主張したもので、1962年の国連総会決議1803により定式化された。この権利の内容は、その後の国際社会の実行のなかで明確にされ、豊富にされてきた。たとえば、外国人資産を国内法により国有化したり、外資系企業の活動を規制・監督する受入れ国の権利が恒久主権に含まれることが認められ、またこの権利は経済水域制度確立の根拠になった。[佐分晴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

資源恒久主権の関連キーワード新国際経済秩序樹立に関する宣言経済権利義務憲章鉱業

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android