コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資源恒久主権 しげんこうきゅうしゅけん

2件 の用語解説(資源恒久主権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資源恒久主権
しげんこうきゅうしゅけん

天然の富と資源に対する永久的主権」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資源恒久主権
しげんこうきゅうしゅけん
permanent sovereignty over natural wealth and resources

天然資源に対して、その地域の人民または民族がもつ権利で、資源を所有し、自由に開発・使用・処分する権利を含む総合的な権利。この権利は、第二次世界大戦後経済的自立を目ざす開発途上国が、国有化問題を契機に経済的自決権として主張したもので、1962年の国連総会決議1803により定式化された。この権利の内容は、その後の国際社会の実行のなかで明確にされ、豊富にされてきた。たとえば、外国人資産を国内法により国有化したり、外資系企業の活動を規制・監督する受入れ国の権利が恒久主権に含まれることが認められ、またこの権利は経済水域制度確立の根拠になった。[佐分晴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone