賠(漢字)

普及版 字通「賠(漢字)」の解説


常用漢字 15画

[字音] バイ
[字訓] つぐなう

[字形] 形声
声符は(はい)。は果実がふくらみはじめ、やがて剖判するものであるから、倍加・増益の意がある。人に財物の補償をするときは、いくらか損失を補塡するために、加算して支払ったものであろう。古代には贖といい、贖も續(続)(ぞく)の声に従って義をえている。賠銭のことは、元曲などに至ってみえる。

[訓義]
1. つぐなう、補償する。
2. 字はまた備に作る。
3. いまは損失の意に用いる。

[熟語]
賠価・賠嫁賠款・賠還・賠償・賠銭・賠贈・賠納・賠補・賠本・賠累・賠礼賠奩

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android