増益(読み)ゾウエキ

  • ぞうやく

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
利益がふえること。「増収増益」⇔減益
数をふやすこと。また、ふえること。
「新聞局を創立するの易きより、其数非常に―し」〈小幡篤次郎訳・上木自由論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
利益が増加すること。 ⇔ 減益
増し加えること。また、増し加わること。 智識を-するに/新聞雑誌 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① まし加えること。また、まし加わること。増加。
※三代格‐一二・延暦四年(785)六月二四日「右頃年之間、不課増益、課丁損減」
※経済小学(1867)上「財本なければ産物を増益するの術なく」 〔金史‐太宗紀賛〕
② 利潤のますこと。利益がふえること。
〘名〙 (「やく」は「益」の呉音) 仏語。増しふやすこと。密教でいう増益法のこと。または祈りの効果として得られる繁栄、成長。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「其験同掌。皇帝皇后、崇其増益」 〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増益の関連情報