増益(読み)ぞうえき

精選版 日本国語大辞典「増益」の解説

ぞう‐えき【増益】

〘名〙
① まし加えること。また、まし加わること。増加
※三代格‐一二・延暦四年(785)六月二四日「右頃年之間、不課増益、課丁損減」
※経済小学(1867)上「財本なければ産物を増益するの術なく」 〔金史‐太宗紀賛〕
利潤のますこと。利益がふえること。

ぞう‐やく【増益】

〘名〙 (「やく」は「益」の呉音) 仏語。増しふやすこと。密教でいう増益法のこと。または祈りの効果として得られる繁栄、成長。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺三朝国師碑「其験同掌。皇帝皇后、崇其増益」 〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「増益」の解説

ぞう‐えき【増益】

[名](スル)
利益がふえること。「増収増益」⇔減益
数をふやすこと。また、ふえること。
「新聞局を創立するの易きより、其数非常に―し」〈小幡篤次郎訳・上木自由論〉
[類語]増加増大増殖増量繁殖増幅増強拡充倍増倍加累増累加逓増漸増急増激増増進増額増収増給増設増税増便増発増車増員増兵亢進底上げアップエスカレート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「増益」の解説

【増益】ぞうえき

加える。〔史記、礼書〕叔孫、頗(すこ)ぶる減損するるも、大抵皆秦の故を(つ)ぐ。

字通「増」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android