コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤ヶ岳の七本槍 しずがたけのしちほんやり

2件 の用語解説(賤ヶ岳の七本槍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賤ヶ岳の七本槍
しずがたけのしちほんやり

天正 11 (1583) 年4月 21日,近江国賤ヶ岳で豊臣秀吉柴田勝家佐久間盛政らと戦った際 (→賤ヶ岳の戦い ) ,秀吉の近習で勇名をはせた加藤清正福島正則加藤嘉明平野長泰脇坂安治糟屋武則片桐且元の7人をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しずがたけ‐の‐しちほんやり〔しづがたけ‐〕【賤ヶ岳の七本槍】

賤ヶ岳の戦いで、羽柴秀吉軍にあって活躍した七人の武将。加藤清正福島正則加藤嘉明・平野長泰・脇坂安治片桐且元・糟屋武則。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賤ヶ岳の七本槍の言及

【賤ヶ岳の戦】より

…敗報を聞いて秀吉は急ぎ軍を返し,21日に盛政を賤ヶ岳に破った。秀吉近臣の奮戦は世に賤ヶ岳の七本槍(福島正則,加藤清正,加藤嘉明,脇坂安治,片桐且元,平野長泰,加須屋真雄)として著名である。勝家も敗走して北ノ庄にもどり,秀吉の軍に囲まれて城に火を放ち北ノ庄で夫人(小谷方)とともに自刃した。…

【脇坂安治】より

…安土桃山時代の武将。近江国浅井郡脇坂に生まれる。はじめ甚内を称した。明智光秀に仕え,のち豊臣秀吉に属し,1583年(天正11)賤ヶ岳の戦における奮戦により,賤ヶ岳七本槍の一人として賞される。85年従五位下中務少輔に叙任,淡路洲本城3万石となる。小牧・長久手の戦,九州征伐,小田原征伐に戦功をあげる。文禄・慶長の役では水軍として朝鮮に出動。関ヶ原の戦では豊臣方より徳川方に寝返り,1609年(慶長14)伊予大洲5万3000石を襲封。…

※「賤ヶ岳の七本槍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

賤ヶ岳の七本槍の関連キーワード尾山ガーゴ小谷方甲府城賤ヶ岳の戦い上田城エジンバラ大阪小谷の方織田信孝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賤ヶ岳の七本槍の関連情報