赤坂喰違の変(読み)あかさかくいちがいのへん

百科事典マイペディアの解説

赤坂喰違の変【あかさかくいちがいのへん】

1874年1月14日,右大臣岩倉具視宮中より退出後,東京赤坂喰違坂で征韓論支持の武市熊吉ら高知県士族9名に襲われ負傷した事件。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤坂喰違の変
あかさかくいちがいのへん

1874年(明治7)1月14日、右大臣岩倉具視(ともみ)が征韓派の不平士族に襲撃された事件。前年10月、征韓論争によって明治政府内部が分裂した結果、敗退した征韓論者は対立した内治派を恨んだ。当日夜、内治派の首脳の一人岩倉具視は、赤坂仮皇居から退出し、赤坂喰違(当時の伊賀町新土橋近くにあった喰違御門付近。現在の千代田区紀尾井(きおい)町の一部)に至ったところ、高知県の士族武市(たけち)熊吉ら9人の征韓論同調者に襲撃され負傷したが、逃れた。加害者は全員死刑に処せられた。[石塚裕道]
『宮内省編『岩倉公実記 下』(1906・岩倉公旧蹟保存会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android