コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤坂喰違の変 あかさかくいちがいのへん

2件 の用語解説(赤坂喰違の変の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

赤坂喰違の変【あかさかくいちがいのへん】

1874年1月14日,右大臣岩倉具視が宮中より退出後,東京赤坂喰違坂で征韓論支持の武市熊吉ら高知県士族9名に襲われ負傷した事件。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤坂喰違の変
あかさかくいちがいのへん

1874年(明治7)1月14日、右大臣岩倉具視(ともみ)が征韓派の不平士族に襲撃された事件。前年10月、征韓論争によって明治政府内部が分裂した結果、敗退した征韓論者は対立した内治派を恨んだ。当日夜、内治派の首脳の一人岩倉具視は、赤坂仮皇居から退出し、赤坂喰違(当時の伊賀町新土橋近くにあった喰違御門付近。現在の千代田区紀尾井(きおい)町の一部)に至ったところ、高知県の士族武市(たけち)熊吉ら9人の征韓論同調者に襲撃され負傷したが、逃れた。加害者は全員死刑に処せられた。[石塚裕道]
『宮内省編『岩倉公実記 下』(1906・岩倉公旧蹟保存会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤坂喰違の変の関連キーワード岩倉具起岩倉具徳右大臣岩倉具定岩倉具綱岩倉具方岩倉槙子岩田正彦小野昇造桜井頼直

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone