コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤城泰舒 あかぎ やすのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤城泰舒 あかぎ-やすのぶ

1889-1955 明治-昭和時代の洋画家。
明治22年6月20日生まれ。大下藤次郎内弟子となり,水彩講習所,太平洋画会研究所でまなぶ。明治42年文展で「高原の朝」が入選。帝展,二科展,光風会展などにも出品した。雑誌「みづゑ」を編集し,日本水彩画会創立に参加。昭和30年1月31日死去。65歳。静岡県出身。著作に「水絵の手ほどき」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤城泰舒の関連キーワード信州新町美術館昭和時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android