コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大下藤次郎 おおしたとうじろう

6件 の用語解説(大下藤次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大下藤次郎
おおしたとうじろう

[生]明治3(1870).7.9. 東京
[没]1911.10.10. 東京
水彩画家。 1891年より中丸精十郎に,94年から原田直次郎に師事。 98年オーストラリアを写生旅行。 1902年渡米し,翌年帰国。外光派の水彩画を確立した。また水彩画研究団体の春鳥会を創立,05年絵画雑誌『みづゑ』を発刊して水彩画の普及に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大下藤次郎【おおしたとうじろう】

水彩画家。東京生れ。1901年太平洋画会1905年春鳥会を組織し,同年雑誌《みづゑ》を創刊。山や湖を主題とした穏やか自然描写を特色とする。代表作《穂高山の麓》《尾瀬沼》など。
→関連項目みづゑ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大下藤次郎 おおした-とうじろう

1870-1911 明治時代の洋画家。
明治3年7月9日生まれ。中丸精十郎,原田直次郎に師事。欧米に遊学し,帰国後明治38年水彩画の研究団体春鳥会をおこし,美術雑誌「みづゑ」を創刊。40年丸山晩霞(ばんか)らと日本水彩画会研究所を設立した。明治44年10月10日死去。42歳。江戸出身。著作に「水彩画之栞(しおり)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大下藤次郎

没年:明治44.10.10(1911)
生年:明治3.7.9(1870.8.5)
明治期の水彩画家。東京生まれ。明治24(1891)年中丸精十郎の私画塾に入門,27年には原田直次郎の指導を受け,この間,三宅克己と交友し,早くから水彩画に親しんだ。29年水彩画家専門を決意し,31年オーストラリアへ,35年には欧米を巡遊,独自の「点画」の画法をあみだした。34年『水彩画之栞』を刊行,以後三宅らと共に空前の水彩画ブームをつくりあげた。35年太平洋画会結成に参加。38年には水彩画研究会春鳥会を興し,雑誌『みづゑ』を創刊,水彩画の普及に尽力した。文展出品作に「穂高山の麓」(東京国立近代美術館蔵)などがある。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおしたとうじろう【大下藤次郎】

1870‐1911(明治3‐44)
明治期の水彩画家。東京本郷に生まれる。1891年中丸精十郎に入門し,洋画,水彩画を学び,三宅克己とも出会う。93年明治美術会会員となり,水彩画を研究。96年からは,原田直次郎に師事し,このころから森鷗外ら多くの文学者や学者とも交わる。1901年に出版した《水彩画之栞》は,一世を風靡(ふうび)し水彩画の流行を引き起こした。太平洋画会の設立に参加し,また05年に春鳥会を創設し,雑誌《みづゑ》を創刊。07年には丸山晩霞(ばんか)(1867‐1942)らと日本水彩画研究所を設立するなど,水彩画の普及啓蒙に大きな役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大下藤次郎
おおしたとうじろう
(1870―1911)

水彩画家。東京生まれ。中丸精十郎、ついで原田直次郎に学ぶ。明治美術会会員。オーストラリアに旅行、1900年(明治33)のパリ万国博覧会に水彩画を出品、翌年『水彩画之栞(すいさいがのしおり)』を刊行し大好評。01年同志と太平洋画会を創立し、翌年から次の年にかけてアメリカ、ヨーロッパを巡遊する。05年水彩画研究団体の春鳥会をおこし、美術雑誌『みづゑ』を創刊。さらに07年、前年丸山晩霞(ばんか)らと開いた水彩画講習所を日本水彩画研究所へと発展させ、また第1回文展に『穂高山の麓(ふもと)』を出品した。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大下藤次郎の言及

【水彩】より


[近代日本の水彩]
 日本では《イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ》の特派員として幕末に来日したイギリス人ワーグマンに学んだ高橋由一,五姓田(ごせだ)芳柳(1827‐92),その次男の義松などが洋風水彩画の端緒を作り,浅井忠は油彩のほか水彩にもすぐれていた。また1907年には大下藤次郎,丸山晩霞(ばんか)(1867‐1942)らの手で日本水彩画研究所が設立され,その後の水彩の普及,発展に大きく貢献した。【千足 伸行】。…

【みづゑ】より

…美術雑誌。1905年(明治38)7月,水彩画家で美術啓蒙家の大下藤次郎によって創刊された《みづゑ》は,誌名が示すように初めは水絵=水彩画の普及のための専門雑誌として出発したが,水彩画から油彩画へと変遷をみた日本の美術界に歩調を合わせるように,17年以降は洋画を中心とした美術総合雑誌に転換し,《国華》とともに日本を代表する美術雑誌に成長。第2次大戦中は統制により《新美術》《美術》と改題し,日本美術出版株式会社(48年美術出版社と改称)から発刊するが,46年9月に復刊。…

※「大下藤次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大下藤次郎の関連キーワード製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)グロ長谷川宗右衛門ベッテルハイム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大下藤次郎の関連情報