コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤木喜太郎 あかぎ きたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤木喜太郎 あかぎ-きたろう

?-? 江戸時代中期の公益家。
延享年間(1744-48)の人。水田にとぼしく飢饉(ききん)には被害がおおきかった生地の豊後(ぶんご)(大分県)直入(なおいり)郡に,高千穂よりトウモロコシの移植をおこなう。のちトウモロコシがこの地域の常食となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤木喜太郎の関連キーワード延享カルナータカ戦争鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村八女福島の燈籠人形

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android