直入(読み)なおいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直入
なおいり

大分県南西部,竹田市北東部の旧町域。九重火山群 (→九重山 ) の東麓および大分川の支流芹川流域にある。 1955年長湯町と下竹田村が合体して直入町が成立。 2005年竹田市,町,久住町と合体し,竹田市となる。集落は標高 400~600mに位置し,周辺では米作のほか,高冷地野菜などの生産が多い。山麓部では草原が広がり,古くから肉牛の飼育が行なわれる。芹川ダムは大分川水系最大の県営ダムで,人工湖はワカサギ釣りの名所。古くから閑静な湯治場として知られる長湯温泉,キリシタン墓碑,線彫磨崖仏などがある。神角寺芹川県立自然公園の中心の一つをなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐にゅう〔ヂキニフ〕【直入】

仏語。方便などの道によらないで、ただちに真実の仏果涅槃(ねはん)に入ること。

ちょく‐にゅう〔‐ニフ〕【直入】

[名](スル)じかに入りこむこと。すぐ核心に入ること。「単刀直入
「自分の心に―し」〈嘉村・崖の下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきにゅう【直入】

〘仏〙 悟りの境地、あるいは窮極の教えにただちに入ること。

ちょくにゅう【直入】

回り道をしないで直ちにはいること。 「単刀-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直入
なおいり

大分県南西部、直入郡にあった旧町名(直入町(まち))。現在は竹田市(たけたし)の北東部にあたる地域。旧直入町は、1955年(昭和30)長湯(ながゆ)町が下竹田(しもたけだ)村と合併、直入町と改称。2005年(平成17)竹田市に合併。旧町名は古代以来の郡名による。大分川支流、芹(せり)川の谷に一般地方道、庄内(しょうない)・久住(くじゅう)線を通じ、この谷の米作と、九重(くじゅう)火山群南麓(ろく)草原の牧牛が主産業で、シイタケの産も多い。『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』にみえる救覃郷(くたみごう)の地。キリスト教伝来当時全国八布教地の一つに数えられ、隠れキリシタンの墓が各地にある。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じき‐にゅう ヂキニフ【直入】

〘名〙 仏語。方便の道によらないで、直ちに真実の道、すなわち仏道に入ること。直接悟り、本質的な世界に入ること。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・青根が峯(1698)俳諧自讚之論「発明の人あらば、直入の俳諧もあるべし」

ちょく‐にゅう ‥ニフ【直入】

〘名〙
① 直接にはいりこむこと。核心に入りこむこと。「単刀直入」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直入の関連情報