コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直入 なおいり

6件 の用語解説(直入の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直入
なおいり

大分県南西部,竹田市北東部の旧町域。九重火山群 (→九重山 ) の東麓および大分川の支流芹川流域にある。 1955年長湯町と下竹田村が合体して直入町が成立。 2005年竹田市,町,久住町と合体し,竹田市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じき‐にゅう〔ヂキニフ〕【直入】

仏語。方便などの道によらないで、ただちに真実の仏果、涅槃(ねはん)に入ること。

ちょく‐にゅう〔‐ニフ〕【直入】

[名](スル)じかに入りこむこと。すぐ核心に入ること。「単刀直入
「自分の心に―し」〈嘉村・崖の下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じきにゅう【直入】

〘仏〙 悟りの境地、あるいは窮極の教えにただちに入ること。

ちょくにゅう【直入】

回り道をしないで直ちにはいること。 「単刀-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直入
なおいり

大分県南西部、直入郡にあった旧町名(直入町(まち))。現在は竹田(たけた)市の北東部にあたる地域。旧直入町は、1955年(昭和30)長湯(ながゆ)町が下竹田(しもたけだ)村と合併、直入町と改称。2005年(平成17)竹田市に合併。旧町名は古代以来の郡名による。大分川支流、芹(せり)川の谷に一般地方道、庄内(しょうない)・久住(くじゅう)線を通じ、この谷の米作と、九重(くじゅう)火山群南麓(ろく)草原の牧牛が主産業で、シイタケの産も多い。『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』にみえる救覃(くたみ)郷の地。キリスト教伝来当時全国八布教地の一つに数えられ、隠れキリシタンの墓が各地にある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直入の関連キーワード大分県竹田市会々大分県竹田市今大分県竹田市枝大分県竹田市太田大分県竹田市九重野大分県竹田市田井大分県竹田市竹田大分県竹田市竹田町大分県竹田市戸上大分県竹田市米納

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直入の関連情報