コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石愛太郎(読み)あかいし あいたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤石愛太郎 あかいし-あいたろう

?-1854 江戸時代後期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士嘉永(かえい)5年島川吉之進に殺された母の仇(あだ)を討つため,山田登に剣術をまなんだのち郷里を出奔。7年常陸(ひたち)水戸城下で藤田東湖らの助力をえて本懐をとげた。江戸へ護送される途中の同年7月27日自刃(じじん)。享年20歳,26歳とも。名は行道

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android