コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石愛太郎 あかいし あいたろう

1件 の用語解説(赤石愛太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤石愛太郎 あかいし-あいたろう

?-1854 江戸時代後期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。嘉永(かえい)5年島川吉之進に殺された母の仇(あだ)を討つため,山田登に剣術をまなんだのち郷里を出奔。7年常陸(ひたち)水戸城下藤田東湖らの助力をえて本懐をとげた。江戸へ護送される途中の同年7月27日自刃(じじん)。享年20歳,26歳とも。名は行道。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤石愛太郎の関連キーワード安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約嘉永了仙寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone