コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤羽一 あかはね はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤羽一 あかはね-はじめ

1875-1912 明治時代の社会主義者。
明治8年4月5日生まれ。日本社会党に入党し,「平民新聞」を編集,のち西川光二郎らと「東京社会新聞」を発刊。明治43年「農民の福音」を秘密出版して逮捕され,45年3月1日獄中で病死。38歳。長野県出身。東京法学院(現中央大)卒。号は巌穴(がんけつ)。著作に「嗚呼(ああ)祖国」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

赤羽一

没年:明治45.3.1(1912)
生年:明治8(1875)
明治期の社会主義者。号,巌穴。長野県東筑摩郡広丘村郷原(塩尻市)の地主,問屋の長男。明治27(1894)年東京法学院(中央大学)入学。中退し『神戸新聞』記者。再上京後島田三郎の『革新』,松村介石の『警世』記者。『嗚吁祖国』出版(1902)後渡米。サンフランシスコ日本人福音会で社会主義者と交流。日露戦争に反対。桑港日本人社会主義協会幹事。38年帰国。日本社会党員。『平民新聞』『東京社会新聞』編集。筆禍で入獄。『農民の福音』(1910)が 朝憲紊乱罪で再入獄中自死。<参考文献>荻野富士夫『反文明・反近代主義者としての赤羽巌穴

(松尾章一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

赤羽一の関連キーワードジューサーミキサー電気ジューサー電気ミキサー渡辺政太郎明治時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android