コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤羽長重 あかはね ちょうじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤羽長重 あかはね-ちょうじゅう

1871-1913 明治-大正時代の教育者。
明治4年1月2日生まれ。43年長野県上伊那郡の中箕輪高等小学校長となる。大正2年8月27日,修学旅行登山中に中央アルプスの駒ケ岳山頂で暴風雨にあい,生徒など10名とともに遭難死した。43歳。実践主義教育者として,新田(にった)次郎の「聖職の碑」にえがかれている。長野県出身。長野師範(現信州大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤羽長重の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android