コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤蝦夷松 アカエゾマツ

デジタル大辞泉の解説

あか‐えぞまつ【赤蝦夷松】

マツ科の常緑高木。樹皮赤褐色でうろこ状に裂け、球果は紫紅色から褐色に変わる。北海道に分布し、材はパルプ用・建築材料などにする。しんこまつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかえぞまつ【赤蝦夷松】

マツ科の常緑高木。樹皮は赤褐色で、鱗うろこ状に割れて落ちる。北海道・南千島・サハリンに産し、建材・パルプ・楽器に用いる。シンコマツ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤蝦夷松 (アカエゾマツ)

学名:Picea glehnii
植物。マツ科の常緑針葉高木,高山植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

赤蝦夷松の関連キーワードサハリン南千島建材

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android