コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道環電流 セキドウカンデンリュウ

世界大百科事典 第2版の解説

せきどうかんでんりゅう【赤道環電流 equatorial ring current】

磁気あらし主相の中低緯度地域における磁場変化の原因となる,地球をとり巻く西向きの電流系をいう。磁気圏には,放射線帯粒子に代表される高エネルギー荷電粒子が磁場に捕捉されている。これらの粒子は,磁力線に沿って南北に往復運動するとともに,磁場のこう配によって正の荷電粒子は西向きに,電子は東向きにドリフト運動する。このような運動の結果,粒子の圧力分布のこう配とローレンツ力が釣り合うように地球をとり巻く形で電流が流れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

赤道環電流の関連キーワード地磁気

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android