赤銅鉱型構造(読み)せきどうこうがたこうぞう(英語表記)cuprite structure

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤銅鉱型構造
せきどうこうがたこうぞう
cuprite structure

一般式A2X(Aは陽性元素、Xは陰性元素)で示される化合物にみられる結晶構造の一型式。亜酸化銅型構造ともいう。赤銅(セキドウ)鉱は酸化銅() Cu2Oの鉱物で、結晶は立方晶系(等軸晶系)に属し、空間群Pnm、格子定数a=4.270Åの単位胞に2式量が含まれる。Xに相当する酸素原子の体心立方格子と、Aに相当する銅原子の面心立方格子が組み合わされた構造をとり、銅が酸素に対して正四面体型4配位、酸素が銅に対して直線2配位している。すべてのCu‐O結合距離は等しく、結合はかなり共有性を帯び、外殻電子数が18となる銀()、鉛()の酸化物Ag2O、Pb2Oがこの構造をとる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android