コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等軸晶系 トウジクショウケイ

5件 の用語解説(等軸晶系の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうじく‐しょうけい〔トウヂクシヤウケイ〕【等軸晶系】

結晶系の一。3本の結晶軸が互いに直交し、三軸の長さが等しいもの。ダイヤモンド岩塩黄鉄鉱などがこれに属する。立方晶系

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

等軸晶系【とうじくしょうけい】

軸率1:1:1の直角座標系(結晶軸)で記載される一群の結晶。物理的性質が等方性で,対称性が高い。形態は立方体が基本。ザクロ石,黄鉄鉱,岩塩がその例。→結晶系
→関連項目結晶光軸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうじくしょうけい【等軸晶系】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等軸晶系
とうじくしょうけい

立方晶系」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等軸晶系
とうじくしょうけい
isometric system

結晶系の一つ。格子定数にはabcαβγ=90゜の関係が成立し、単位格子の形が立方体(正六面体)となるところから、立方晶系cubic systemともいう。晶族(点群)23(T),m(Th),3m(Td),432(O),mm(Oh)がこれに属し、36種の空間群がある。互いに直交する3本の等価な結晶軸が存在するが、晶族においては、正六面体の体対角線となる4本の副次的に生じた3回軸の存在が特徴となっている。
 鉱物全体のうち、約12%がこれに属する。もっとも対称の高い結晶系で、単純な組成の物質に多く存在する。そのために元素鉱物では約40%が等軸晶系に属する。また逆に複雑な組成の鉱物では、この数字は非常に小さくなる。[岩本振武・加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等軸晶系の関連キーワード結晶系座標系三斜晶系斜方晶系正方晶系単斜晶系六方晶系軸率直角座標真北

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone