コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赦帳 シャチョウ

大辞林 第三版の解説

しゃちょう【赦帳】

江戸時代、寛永寺または増上寺で、幕府の法事が催される際、受刑者の親戚から両寺への赦免願いに基づき、その者の名を記して両寺から幕府に提出した帳簿。幕府はこれによって、赦ゆるすべき者を選定し、法事の場に召集して釈放した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赦帳の関連キーワード江戸時代与力法事

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android