コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起居注 キキョチュウ

デジタル大辞泉の解説

ききょ‐ちゅう【起居注】

中国で、天子側近にいて、その言行を記録すること。また、その官職や、記録された文書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ききょちゅう【起居注 qǐ jū zhù】

中国,歴代の王朝で皇帝起居・言動を記した日記体の官撰記録。皇帝近侍の官がこれをつかさどり,その官もまた起居注といった。その起源ははなはだ古く,周代に始まったといわれるが,記録に残るものとしては,後漢の明帝起居注が最初である。これが制度として完備されたのは隋・唐のころであるが,皇帝の起居・言動はそのまま天下国家のうごきであるから,起居注はひろく国家の記録であるとみなされた。そして四季の終りごとにこれを史官に送り,史官はこれを整理して皇帝が死ぬとその皇帝の一代記すなわち実録とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起居注の関連キーワード日本文徳天皇実録神功皇后朱彝尊法式善台与壹与臺與女史

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android