起居注(読み)ききょちゅう

精選版 日本国語大辞典「起居注」の解説

ききょ‐ちゅう【起居注】

〘名〙 中国で、天子のそばにいて、その言行を記録すること。また、その官や記録。〔後漢書‐后紀上・馬皇后〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「起居注」の解説

ききょちゅう【起居注 qǐ jū zhù】

中国,歴代王朝皇帝起居言動を記した日記体の官撰記録。皇帝近侍の官がこれをつかさどり,その官もまた起居注といった。その起源ははなはだ古く,周代に始まったといわれるが,記録に残るものとしては,後の明帝起居注が最初である。これが制度として完備されたのは隋・のころであるが,皇帝の起居・言動はそのまま天下国家のうごきであるから,起居注はひろく国家の記録であるとみなされた。そして四季の終りごとにこれを史官に送り,史官はこれを整理して皇帝が死ぬとその皇帝の一代記すなわち実録とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android