起立性蛋白尿症(読み)きりつせいたんぱくにょうしょう(英語表記)orthostatic albuminuria (proteinuria)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

起立性蛋白尿症
きりつせいたんぱくにょうしょう
orthostatic albuminuria (proteinuria)

臥位では認められないが,起立すると蛋白尿が出る状態をいう。無力体質学童に多い。原因は,直立したときに脊柱の前が著明となり,腎静脈を圧迫して腎臓うっ血を起すためと考えられている。そのほか,血管運動神経の不安定性も関係しているといわれる。特別な治療を必要とせず,思春期以後になれば自然に消失する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android