コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超小型車

2件 の用語解説(超小型車の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

超小型車

1~3人乗りの電気自動車軽自動車より小さく、原動機付き自転車より大きい。2月から、(1)高速道路を走らない(2)安全を図る措置を講じた場所で運行する――などを条件に、認定を受けた車が公道を走れるようになった。車両購入費に国の補助もある。

(2013-03-03 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超小型車
ちょうこがたしゃ

自動車よりさらに小型で手軽な移動手段。超小型モビリティともいう。現行の第一種原動機付き自転車(3輪以上)規格のミニカーより上位に位置する。自動車メーカーによって、いろいろな車種が試作されているが、超小型車は、乗車定員は1~2名で、高齢者や主婦の買い物など1日10キロメートル程度の移動を想定している。動力源は内燃機関も想定できるが、EV(電気自動車)が主流となると予想されている。
 これまでは明確な姿(概念)が明らかではなかったが、2012年(平成24)6月に国土交通省が超小型車のガイドラインを発表したことで、普及が現実味を帯びた。ガイドラインでは超小型車の定義を「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人~2人乗り程度の車両」としている。国土交通省は現行の軽自動車を基本に車両の認定取得を可能とする方針で法整備を進め、2013年1月に認定制度の導入を始めた。高速道路や制限速度時速60キロメートルを超える一般道路は走行できないかわりに、軽自動車より安全基準を緩めた。
 全長(3.4メートル以下)や全幅(1.43メートル以下)は軽自動車の規格と同じだが、排気量(125cc以下)は軽自動車(660cc以下)より大幅に少ない。車両のサイズやモーターもしくは内燃機関(エンジン)の出力などの内容についての検討も進められている。
 経済産業省が実施している「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象となり、最大で7万円の補助金が得られる。[伊東和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超小型車の関連キーワード電気自動車軽自動車税ミニカーエコノミー車両保険キックス電気自動車の日ハイパーミニ次世代自動車軽自動車は200万台以下で推移電気自動車(EV)と県内の状況

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超小型車の関連情報