コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超格子素子 ちょうこうしそしsuper lattice device

2件 の用語解説(超格子素子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超格子素子
ちょうこうしそし
super lattice device

オングストローム (1000万分の 1mm) 単位の薄い原子 (分子) 層を重ね合せた超格子の特性を利用した素子。アルミニウムガリウム・ヒ素とガリウム・ヒ素などの超格子構造では,単一の半導体では得られない量子効果が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超格子素子
ちょうこうしそし

超格子素子とは天然結晶の10倍以上の空間周期をもった人工結晶をつくって、それを利用した電子デバイスのことをいう。超格子は型、厚さ、不純物濃度を分子線エピタキシーMBE)や有機金属気相エピタキシーMOVPE)法などで、基板結晶上に異種の原子層を交互に成長させてつくるが、各層の厚さは1~20ナノメートル(10億分の1メートル)と原子長単位で測られるほど薄い。こうしてつくられた天然には存在しない超格子では結晶の電子の伝導帯がミニバンドに分裂されるので電子は特殊なふるまいをする。江崎玲於奈(れおな)によって1969~70年に提案されてから、半導体超格子、遷移金属や希土類金属による磁性超格子、酸化物超伝導超格子がつくられ、素子への適用が進んでいる。半導体超格子素子では、電子は散乱を受けず特定の層に沿って走ることができるので、HEMT(高電子移動度トランジスタ)のような高速トランジスタが実用化されている。また、小さく積み上げた発光用の化合物半導体よって量子井戸をつくると、レーザーの発振波長を短くできることから青色半導体レーザーが実現され、さらに量子効率があがることから小形で出力の大きい半導体レーザーが製作されている。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

超格子素子の関連キーワードX線天体三千世界戸田忠昌グライダー競技K末法思想鋳物尺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone