コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高層住宅 ちょうこうそうじゅうたく

1件 の用語解説(超高層住宅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高層住宅
ちょうこうそうじゅうたく

一般的には 31m以上,あるいは 20階建て以上の集合住宅をいう。 1963年建物の絶対的高さ制限 (31m) が撤廃されて以降,31mをこえて建てられたものを一般的に超高層と呼ぶようになった。超高層建築は当初はオフィスホテルなどに限られていたが,大都市土地利用の高度化が求められるようになって,集合住宅にも超高層がとり入れられるようになった。近年では耐震構造研究が進歩して,粘りのある高張力鋼が誕生,これにより超高層 RC (鉄筋コンクリート) 住宅の実現が可能となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超高層住宅の関連キーワードM‐Vロケットボクシング超高層建築パルテノン満濃池大足石刻神子元島灯台大足石刻コンスタンツァ銚子塚古墳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超高層住宅の関連情報