コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道南西沖地震 ほっかいどうなんせいおきじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道南西沖地震
ほっかいどうなんせいおきじしん

1993年7月 12日午後 10時 17分頃に北海道南西沖で発生したマグニチュード 7.8の地震。気象庁による正式名称は「平成5年(1993年)北海道南西沖地震」。震源は北緯 42°46.9′,東経 139°10.8′。震源の深さ約 35km。地震波から推定された断層は,ほぼ東西方向の圧縮力により生じた南北に伸びた逆断層である。断層の長さは約 100kmで,その南部が奥尻島の近くに達した。余震は7月 13日に約 1600回記録されたが,2ヵ月程度で順調に収束した。この間,8月8日にマグニチュード 6.5の最大余震が発生した。北海道南西沖地震では北海道から本州の日本海側で津波が観測され,震源断層に近い奥尻島の藻内で最大到達高 29mが確認されている (気象庁による調査) 。北海道から東北地方の沖合いの日本海東縁では,1983年の日本海中部地震などマグニチュード6から7の地震が南北に配列して発生している。これらの地震は東西の圧縮力による逆断層地震で,日本海の属するユーラシアプレートと日本列島の間にプレート境界ができつつあるという考え方が示されている。北海道から青森県の日本海側で最大震度5が観測されたほか,北海道から東北地方の広い範囲でゆれを感じた。奥尻島は地震発生直後に津波に襲われ,また同島の青苗では火災が発生し,鎮火までに 11時間を要するなど壊滅的な被害を受けた。奥尻島だけで,津波,火災,土砂崩れなどにより,死者・行方不明者 198人に上った。全体の人的被害は,死者・行方不明者が 230人,負傷者は重傷 81人を含め 323人。住家の被害は全壊 601棟など 6499棟。輸送関連でも JR函館本線など4路線の鉄道の一部または全線,フェリー2航路が運休した。また,津波などにより 1729隻の船舶に被害があった (被害は総務省消防庁調べ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北海道南西沖地震

1993年7月12日午後10時17分、奥尻島の北の日本海で、マグニチュード7.8の地震が発生。津波の第1波は数分で到達、最大で29メートルに達した。奥尻島を中心に死者202人、行方不明者28人の被害が出た。

(2017-05-28 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっかいどうなんせいおき‐じしん〔ホクカイダウナンセイおきヂシン〕【北海道南西沖地震】

平成5年(1993)7月12日、北海道の奥尻(おくしり)島付近で発生したマグニチュード7.8の地震。奥尻島を中心に津波による大きな被害を受けた。死者202人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

北海道南西沖地震【ほっかいどうなんせいおきじしん】

1993年7月12日,奥尻島を中心に北海道南西部を襲った地震。マグニチュード7.8。震源は奥尻島北北東約65kmの海底。奥尻島は最高31mの津波を記録。死者・行方不明230,家屋全壊558,船舶被害1748。
→関連項目奥尻[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほっかいどうなんせいおきじしん【北海道南西沖地震】

1993年(平成5)7月12日、北海道南西沖、奥尻島付近で発生した地震。マグニチュード7.8。大津波が発生し、奥尻島を中心に北海道南西部や青森県の日本海沿岸域などに大被害を生じた。死者行方不明二三〇人、家屋全半壊約一〇〇〇戸、また奥尻島では火災焼失も約三〇〇戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北海道南西沖地震の関連キーワード旧函館ドックのクレーン北海道奥尻郡奥尻町青苗北海道奥尻郡奥尻町奥尻島津波館奥尻[町]奥尻(町)奥尻海嶺奥尻町

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道南西沖地震の関連情報