越後節(読み)エチゴブシ

精選版 日本国語大辞典の解説

えちご‐ぶし ヱチゴ‥【越後節】

〘名〙 幕末から明治の中期頃まで、全国的に流行した歌謡。越後国(新潟県)の地方民謡から出、浄瑠璃、歌舞伎などの心中物や世間の社会事件を題材にとり、物尽くし、もじり歌、豊作を祝う歌など、内容は各種ある。瞽女(ごぜ)などが歌って全国に広まり、「鈴木主水(すずきもんど)」をその代表的な歌とする。「殿さ、えー」と歌い始め、「やんれ」のはやしことばで結ぶのをだいたいの形とする。越後口説(くどき)。瞽女節。やんれ節。やんれ口説。心中口説。口説節。殿さ節。越後甚句。
※雑俳・柳多留‐一四四(1836)「踊りまで車懸りの越後節」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる