コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越石 こしこく

3件 の用語解説(越石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越石
こしこく

江戸時代,知行割に際して1村または数村の村高合計が所定の知行高に不足する場合,その不足分を隣村の村高から補充すること,または補充したその不足分。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こしこく【越石】

江戸時代に知行割を行う際,1ヵ村または数ヵ村をあてがっても所要高にわずかの不足が生じた場合,領主の異なる近くの村から一部の高を渡して不足高を補った。その補った石高を越石という。その場合田畑・農民は特定せず高のみを分けて年貢を収納させ,諸掛り物・人夫役などは課されなかった。出作・入作とは本質的に異なるが,中期以降には地主が他村に持っている耕地を越石高というなど混同されることもあった。【松尾 寿】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越石の関連情報