コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越翁周超 えつおう しゅうちょう

1件 の用語解説(越翁周超の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越翁周超 えつおう-しゅうちょう

?-1540 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。天叟宗訓(てんそう-そうくん)の法をつぎ,下総(しもうさ)国府台(千葉県)総寧寺の住持となる。同寺が兵火にあい,今川家の重臣,遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川城主朝比奈泰能(やすよし)にまねかれ乗安寺の開山(かいさん)となる。相模(さがみ)(神奈川県)広沢寺もひらいた。天文(てんぶん)9年死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

越翁周超の関連キーワード韓国の自転車普及状況万松寺足利義栄イエズス会ビュデ守武千句荒木田守武イエズス会犬筑波集クルーエ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone