コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙基天 ちょうきてん

3件 の用語解説(趙基天の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙基天
ちょうきてん

「チョ・キチョン (趙基天)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうきてん【趙基天 Cho Ki‐ch‘ŏn】

1913‐51
朝鮮の詩人。咸鏡北道出身。幼少時,父とシベリアに渡り,オムスクゴーリキー師範大学露文科を卒業。17歳で地方新聞《先鋒》に短詩を発表した。中央アジアのシル・オルタ朝鮮師範大で教育にあたったが,1945年8月ソ連赤軍の一兵士として祖国解放の戦闘に加わった。解放後精力的に詩を書き,51年朝鮮文学芸術総同盟の副委員長になるが,朝鮮戦争により戦死した。作品には土地改革テーマとした抒情詩《土のうた》(1946),抗日パルチザンの普天堡の戦を描いた長編叙事詩《白頭山》(1947),労働者の新生活を歌った《生のうた》(1950),南朝鮮の麗水反乱事件をあつかった連詩《たたかう麗水》(1948)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

趙基天
ちょうきてん / チョギチョン
(1913―1951)

北朝鮮の詩人。咸鏡(かんきょう)北道会寧(フェリョン)の貧農出身。幼少時にシベリアへ移住。オムスク・ゴーリキー師範大学を卒業後、中央アジアにあるクシル・オルタ朝鮮師範大学で教鞭(きょうべん)をとるかたわら詩を創作。1945年8月祖国解放の戦闘に加わる。『朝鮮新聞』編集にあたりながら詩作。土地改革をテーマとした『土のうた』(1946)などの短詩のほか、金日成ら抗日パルチザンの闘いを描いた叙事詩『白頭山』(1947)、労働者の新生活を反映した『生のうた』(1950)、麗水(ヨス)事件を扱った連詩『闘う麗水』(1948)などがある。51年3月朝鮮文学芸術総同盟副委員長に選ばれたが、同年10月に戦死した。[金 学 烈]
『許南麒訳『白頭山』(1974・太平出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone