足羽敬明(読み)あすはもりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足羽敬明 あすわ-もりあき

1672-1759 江戸時代中期の神職,国学者。
寛文12年1月25日生まれ。越前(えちぜん)福井藩士渥美友信の子。足羽神社の社司馬来田家の養子となり,同神社社家の足羽家をつぐ。とだえていた同家の官位叙任の再興をはたした。そのためおおくの古典籍を研究,「足羽社記略」のほか「続(しょく)日本紀故事考」などをあらわした。宝暦9年2月10日死去。88歳。号は雉山人。

足羽敬明 あしは-よしあき

あすわ-もりあき

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

足羽敬明 (あすわもりあき)

生年月日:1672年1月25日
江戸時代中期の国学者;神道家
1759年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android