コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足羽敬明 あすはもりあき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足羽敬明
あすはもりあき

[生]寛文12(1672)
[没]宝暦9(1759)
江戸時代中期の国学者。越前福井足羽神社神官。著書『足羽社記』『越前国式社地名考』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足羽敬明 あすわ-もりあき

1672-1759 江戸時代中期の神職,国学者。
寛文12年1月25日生まれ。越前(えちぜん)福井藩士渥美友信の子。足羽神社の社司馬来田家の養子となり,同神社社家の足羽家をつぐ。とだえていた同家の官位叙任の再興をはたした。そのためおおくの古典籍を研究,「足羽社記略」のほか「続(しょく)日本紀故事考」などをあらわした。宝暦9年2月10日死去。88歳。号は雉山人。

足羽敬明 あしは-よしあき

あすわ-もりあき

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

足羽敬明 (あすわもりあき)

生年月日:1672年1月25日
江戸時代中期の国学者;神道家
1759年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

足羽敬明の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android