身分相続(読み)ミブンソウゾク

大辞林 第三版の解説

みぶんそうぞく【身分相続】

身分上の地位の相続。戸主の地位の相続であった民法旧規定の家督相続など。 → 財産相続

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身分相続
みぶんそうぞく

族長や家長などという身分ないし地位を承継することをいう。第二次世界大戦前、民法旧規定で認められていた戸主の地位を承継する制度である家督相続がこれにあたる。もっとも、家督相続では戸主の地位とともに家産を承継したので、その中核はむしろ財産の単独相続であったといわれている。[石川 稔・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身分相続の関連情報