車輿(読み)くるまごし

精選版 日本国語大辞典「車輿」の解説

くるま‐ごし【車輿】

〘名〙 輿の一種。牛車(ぎっしゃ)と同様にして床(とこ)に力者(ろくしゃ)用の轅(ながえ)をつけたもの。院、親王、摂関の息女などが乗用する。
※台記別記‐久安四年(1148)七月一一日「女子詣石清水稲荷、〈〉於宿院乗車輿

しゃ‐よ【車輿】

〘名〙
① 車と輿(こし)輿車
田氏家集(892頃)下・黄帝「黄軒代遠審言難、制依車輿土官」 〔杜甫‐送何侍御帰朝詩〕
② 牛車などの、車の箱。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「車輿」の解説

【車輿】しやよ

車と、こし。乗物。〔後漢書、光武十王、東平王蒼伝〕今魯國の孔氏に、ほ仲尼の車輿冠履り。んなるは、光靈きなり。

字通「車」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報