コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍持 グンジ

デジタル大辞泉の解説

ぐんじ〔グンヂ〕【軍持】

《〈梵〉kuṇḍikāの音写仏語僧尼の所持する十八物の一。水瓶(すいびょう)。転じて、花瓶などの(かめ)をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんじ【軍持】

〘仏〙 観音・僧尼などの持つ水瓶すいびよう
花瓶かびん。瓶かめ。 「尋常の寒梅樹折て-に上れば/太平記 37

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の軍持の言及

【瓶】より

…多く陶磁器,金属などで作られるが,形状,使用目的などによってさまざまな種類がある。仏教では,軍持(ぐんじ)(クンディカーkuṇḍikā)と迦羅奢(カラシャkalaśa)の二つに大別する。前者はおもに飲料水などを入れるための水瓶(すいびよう)で,大乗仏教では出家者の所有すべきたいせつな持物(〈十八物(じゆうはちもつ)〉)の一つとされた。…

※「軍持」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍持の関連キーワード応仁の乱太平記

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android