コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宜陽殿 ぎようでん

4件 の用語解説(宜陽殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宜陽殿
ぎようでん

平安京内裏殿舎の一つ。紫宸殿の東,綾綺殿の南に位置し,歴代の御物を収蔵したところ。昭和大礼の賢所 (かしこどころ) 大前の儀に際して,天皇,皇后がお召替え所とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎよう‐でん〔ギヤウ‐〕【宜陽殿】

平安京内裏十七殿の一。紫宸殿(ししんでん)の東にあり、楽器・書籍など歴代の御物を保管した。儀陽殿。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎようでん【宜陽殿】

儀陽殿とも記す。平安宮内裏の殿舎。827年(天長4)にその存在が確認できるので,平安宮創建時から設けられたと推定できる。紫宸殿の東側に位置し,南にある春興殿とならんで,西側にある校書殿(きようしよでん),安福殿と相対する。桁行9間,梁行2間の身舎の四面に廂をつけた南北棟建物である。身舎は塗籠につくり,天皇所持の書法,楽器,甲冑などの宝物を収蔵し,納殿とよばれた。内裏内の御物の収蔵施設はこのほかにもあるが,《西宮記》によれば,累代の御物は宜陽殿に,恒例の御物は校書殿の蔵人所と綾綺殿(りようきでん)に,紙御屛風は仁寿殿(じじゆうでん)に収蔵したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宜陽殿
ぎようでん

平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。紫宸殿(ししんでん)の東にある。檜皮葺(ひわだぶ)きで南北9間、東西2間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)、東に孫廂がある西向きの建物。母屋を納殿(おさめどの)といい、書物、楽器などの御物が納められ、『枕草子(まくらのそうし)』には、当時よいものを褒めるとき「宜陽殿の一の棚に」という言い方があった、と記されている。西廂の北側には公卿(くぎょう)座、東廂には大臣の宿所などがあった。南廂の西側には議所があり、叙位・除目(じもく)の際の公卿の集合場所となった。現在の京都御所には、この殿舎を江戸時代に復原したものが残っている。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宜陽殿の関連キーワード弘徽殿仁寿殿春興殿貞観殿承明門大内裏図考証校書殿宜陽殿・儀陽殿常寧殿梅壺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone