コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟性下疳菌 なんせいげかんきん

百科事典マイペディアの解説

軟性下疳菌【なんせいげかんきん】

デュクレー杆(かん)菌とも。1889年イタリアの皮膚科医デュクレーA.Ducrey〔1860-1940〕が軟性下疳患者の潰瘍(かいよう)から分離。長さ1〜1.5μmのグラム陰性短杆菌で,連鎖をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

軟性下疳菌の関連キーワードグラム陰性菌混合下疳性病

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android