コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟X線 ナンエックスセン

デジタル大辞泉の解説

なん‐エックスせん【軟X線】

薄い空気層でも吸収されるような透過力の弱いX線波長は比較的長い。金属材料の検査などに使用。軟らかいX線。→硬X線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

軟X線

 エネルギーが低く,物質に対する透過力の比較的小さいX線.その独特の性質を有用に利用する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟X線
なんエックスせん

X線」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

軟X線の関連キーワードエックスエムエムニュートンミリカン線(紫外線)天文衛星(日本の)シンクロトロン放射X線リソグラフィー自由電子レーザーコロナホール柔らかいX線甲状腺がん中谷宇吉郎凹面格子アルゴル星間物質ブッキーX線天体光物性電離圏鑑定陽光白鳥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android