コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟X線 ナンエックスセン

デジタル大辞泉の解説

なん‐エックスせん【軟X線】

薄い空気層でも吸収されるような透過力の弱いX線波長は比較的長い。金属材料の検査などに使用。軟らかいX線。→硬X線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

軟X線

 エネルギーが低く,物質に対する透過力の比較的小さいX線.その独特の性質を有用に利用する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軟X線の関連情報