コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転抵当 てんていとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転抵当
てんていとう

抵当権者が自己の債務を担保するため,抵当物をさらに抵当に入れること (民法 375) 。その法律的性質については,転質の場合と同じように学説の対立がある。転抵当の設定については,一般原則により登記をもって対抗要件とするほか (177条) ,原抵当権によって担保される債権の債務者,その保証人,物上保証人およびその承継人に対しては,債権譲渡の場合と同じく,設定の通知または承諾をもって対抗要件とする (376条) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐ていとう〔‐テイタウ〕【転抵当】

抵当権者がその抵当権をもってさらに自己の債務の担保とすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんていとう【転抵当】

抵当権者が抵当権を自己の債務の担保とすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転抵当
てんていとう

抵当権者が抵当権をさらに自分の債務の担保にすること(民法376条1項前段)。たとえば甲の土地に抵当権をもっている乙が、丙から金を借りるときにこの抵当権を担保にすること。その法律関係は、質権の場合の転質と同じ性質をもつ。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転抵当の関連情報