コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転抵当 てんていとう

4件 の用語解説(転抵当の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転抵当
てんていとう

抵当権者が自己の債務を担保するため,抵当物をさらに抵当に入れること (民法 375) 。その法律的性質については,転質の場合と同じように学説の対立がある。転抵当の設定については,一般原則により登記をもって対抗要件とするほか (177条) ,原抵当権によって担保される債権の債務者,その保証人,物上保証人およびその承継人に対しては,債権譲渡の場合と同じく,設定の通知または承諾をもって対抗要件とする (376条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てん‐ていとう〔‐テイタウ〕【転抵当】

抵当権者がその抵当権をもってさらに自己の債務の担保とすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんていとう【転抵当】

抵当権者が抵当権を自己の債務の担保とすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転抵当
てんていとう

抵当権者が抵当権をさらに自分の債務の担保にすること(民法376条1項前段)。たとえば甲の土地に抵当権をもっている乙が、丙から金を借りるときにこの抵当権を担保にすること。その法律関係は、質権の場合の転質と同じ性質をもつ。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転抵当の関連キーワード滌除抵当流れ抵当権設定者抵当権者特約担保権担保権者抵当権者抵当権の抹消根抵当権抵当権消滅(抹消)請求

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone