軽量コンクリート(読み)けいりょうこんくりーと(英語表記)light-weight concrete

日本大百科全書(ニッポニカ)「軽量コンクリート」の解説

軽量コンクリート
けいりょうこんくりーと
light-weight concrete

重量軽減と断熱効果を目的につくられるコンクリート総称骨材として膨張頁岩(けつがん)や火山礫(れき)を用いたもの(軽量骨材コンクリート)と、コンクリート中に多量の気泡を含ませたもの(気泡コンクリート)とに分かれる。一般に、単に軽量コンクリートという場合は軽量骨材コンクリートをさす。ともに構造用コンクリートとして用いられるほか、間仕切り壁や鉄骨被覆用、断熱用として用いられる。比重は2.0以下のものが多く(普通コンクリートで2.30~2.35)、気泡コンクリートには比重が0.5程度のものもある。

[向井 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「軽量コンクリート」の解説

軽量コンクリート
けいりょうコンクリート
lightweight concrete

LCともいう。広くは普通のコンクリートよりも単位容積重量の小さいコンクリートの総称。軽量骨材を用いた軽量骨材コンクリートと,多量の気泡を含ませた発泡コンクリートの2種がある。日本では前者をさすことが多い。 JASS5では,軽量骨材を用いた,気乾嵩比重が 2.0以下のコンクリートをさす。一般に軽量のものほど強度,ヤング係数は小さく,断熱効果が大きい。建築物の重量軽減を目的とするほか,鉄骨部材の耐火被覆間仕切壁屋根防水押えなどに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集「軽量コンクリート」の解説

軽量コンクリート

普通のコンクリートより比重の小さいコンクリートの総称。コンクリートに混ぜる骨材(セメントや水と練り混ぜる砂利の総称)に火山砂利などの軽量の材料を使用したものや、コンクリート内部に多量の気泡を含ませたものがある。強度は小さいが断熱性は高い。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「軽量コンクリート」の解説

けいりょう‐コンクリート ケイリャウ‥【軽量コンクリート】

〘名〙 (コンクリートはconcrete) 普通のコンクリートに比較して重量の軽いコンクリートの総称。一般には軽量骨材を用いたコンクリートをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軽量コンクリート」の解説

けいりょう‐コンクリート〔ケイリヤウ‐〕【軽量コンクリート】

普通のコンクリートに比べて重量の軽いコンクリートの総称。屋根スラブ・間仕切り壁・しょうてん料に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軽量コンクリートの言及

【コンクリート】より

…重量が軽い(構造用で比重0.8~1.2,断熱材用で比重0.5以下),断熱性が高いなどの性質を利用し,軽量プレキャスト部材として用いる場合が多い。軽量コンクリートlightweight concrete重量軽減の目的で,人工または天然の軽量骨材(一般には絶乾比重が粗骨材で1.6,細骨材で2.0未満のもの)を用いて作った単位重量2.0t/m3以下のコンクリートをいう。重量コンクリートheavy concrete放射線を遮へいするために用いられるコンクリートで,骨材としてカッ鉄鉱,磁鉄鉱,バライト,リン鉄,鉄などの比重の大きいものが用いられる。…

※「軽量コンクリート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android