コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国技館 こくぎかん

6件 の用語解説(国技館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国技館
こくぎかん

財団法人日本相撲協会が経営する屋内競技施設。東京都墨田区横網 (両国) にあり,相撲興行に加え,プロレスリング,ボクシング,音楽会など多目的ホールとして利用されている。 1985年1月完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくぎ‐かん〔‐クワン〕【国技館】

東京都墨田区横網(よこあみ)にある日本相撲協会の常設館。明治42年(1909)両国に設立され、昭和29年(1954)蔵前に移転。昭和60年(1985)現在地に新設。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国技館【こくぎかん】

財団法人日本相撲協会が経営する相撲興行場兼屋内催物施設。1909年東京両国の回向(えこう)院隣接地に建設された旧国技館は辰野金吾の設計による高さ41m,直径121mのドーム式の建物で定員は1万3000人,相撲見物が大衆化する契機となった。
→関連項目墨田[区]栃錦清隆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくぎかん【国技館】

財団法人日本相撲協会が設立,経営する屋内催物施設。明治末期,常陸山梅ヶ谷(2代)の両横綱が相対する大相撲の黄金時代を迎え,江戸時代天保年間から定場所になっていた回向院境内に,1909年6月相撲常設館が完成,江見水蔭が起草した開館当日の祝辞文の字句〈相撲は日本の国技なり〉の文字をとって,相撲協会の年寄尾車の提案により〈国技館〉と命名された。江戸時代から野天小屋掛けの晴天興行であったのが,晴雨にかかわらず興行できるようになり,約2000人前後の収容人員が一躍1万3000人になって,相撲見物は大衆化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくぎかん【国技館】

日本相撲協会の常設館。1909年(明治42)東京の本所両国に開設。54年(昭和29)台東区蔵前に移転。85年墨田区横網に新設。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国技館
こくぎかん

1909年(明治42)6月、東京・本所両国の回向院(えこういん)境内に完成した相撲(すもう)常設館に命名された名称。開館当日の式辞を文士の江見水蔭(えみすいいん)が執筆したが、文中に「相撲は日本の国技」の表現があり、協会役員の尾車(おぐるま)親方(元大関大戸平)がこの辞句を推薦したため、翌年1月には国技館と改称した。当時としては珍しい大鉄傘円形の大建築は東京新名所として評判をよび、年2場所の本場所のほか夏の納涼大会、秋の菊人形展などが催された。その後、浅草、大阪、京都、富山など各地にも国技館が建てられた。両国国技館は1917年(大正6)、関東大震災(1923)、第二次世界大戦による戦災などで再三焼け、修復されたが、戦後占領軍に接収され、メモリアルホールと改称し、接収解除後の58年(昭和33)日本大学講堂となり、83年に取り壊された。その間本拠地を失った相撲協会は、興行場所を求めて、明治神宮境内や浜町公園などを転々とし、1950年から蔵前仮設国技館に移った。その後54年秋、蔵前に体育館様式建築で国技館が完成し、以降東京場所年3回(1月、5月、9月)の定場所となった。
 しかし、旧海軍格納庫の古材使用のため、老朽化が著しく、新しく両国駅北側操車場跡地(墨田(すみだ)区横網1-20)に新国技館を建設することになり、1983年4月に新築工事を始め、85年1月完成した新国技館で、土俵開きが行われた。敷地面積1万8280平方メートル、建築面積1万3000平方メートル、地上2階は正方形の和風隅切型大屋根の外観で、1階枡席(ますせき)と土俵は収納装置をもち、平土間にすることができ、ボクシング、柔道、プロレスなど多目的ホールとして利用される。なお2階前面にも枡席、貴賓席、1・2階に身障者席などが設置されている。収容人員約1万1500。館内の地上1階には相撲案内所(旧称相撲茶屋)、相撲博物館、2階に相撲教習所がある。地下1階に相撲診療所、地下2階に95台収納の駐車場がある。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国技館の言及

【回向院】より

…また江戸時代には諸国の霊仏・霊宝を迎えて行う出開帳の開催場所として知られ,見世物の興行もあずかり多数の参詣人で賑わった。天明期からは毎年境内で勧進相撲が行われ,明治から昭和にかけての両国の国技館は当寺の境内にあった。【長谷川 匡俊】。…

※「国技館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国技館の関連情報