コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北の湖敏満 きたのうみとしみつ

5件 の用語解説(北の湖敏満の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北の湖敏満
きたのうみとしみつ

[生]1953.5.16. 北海道,壮瞥
第55代横綱。本名小畑敏満。1967年1月初土俵。中学3年で幕下昇進。十両,入幕,小結昇進の最年少記録を塗り替え,1974年7月場所後横綱に昇進。21歳2ヵ月という最年少横綱であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたのうみ‐としみつ【北の湖敏満】

[1953~2015]力士。第55代横綱。北海道出身。本名、小畑敏満。昭和49年(1974)21歳2か月で史上最年少の横綱となり、輪島とともに一時代を築いた。優勝24回。幕内50場所連続勝ち越しなどの記録を持つ。引退後、一代年寄北の湖となり、日本相撲協会理事長を務めた。→第54代横綱輪島 →第56代横綱若乃花

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北の湖敏満【きたのうみとしみつ】

大相撲力士。北海道出身。本名小畑(おばた)敏満。三保ヶ関(みほがせき)部屋に入門し,1967年の1月場所(場所とは相撲興業をする所,およびその興業の一定の期間を意味する)で初土俵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北の湖敏満 きたのうみ-としみつ

1953- 昭和時代後期の力士。
昭和28年5月16日生まれ。昭和42年中学1年で三保ケ関部屋に入門。47年入幕。49年史上最年少の21歳2ヵ月で55代横綱となる。輪島とともに一時代をきずき,にくらしいほどの強さと評された。60年引退。優勝24回(うち全勝7回),連続勝ち越し50場所などを記録。一代年寄として北の湖部屋をおこす。平成8年から日本相撲協会理事,14-20年理事長。北海道出身。本名は小畑敏満。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北の湖敏満
きたのうみとしみつ
(1953―2015)

第55代横綱。双葉山、大鵬(たいほう)に比肩する昭和期の名力士。北海道有珠(うす)郡壮瞥(そうべつ)町生まれ。本名小畑敏満(おばたとしみつ)。1966年(昭和41)12月、中学1年で三保ヶ関(みほがせき)部屋に入門。翌1967年1月13歳で初土俵。1971年5月17歳で新十両、1972年1月入幕、1974年1月関脇(せきわけ)で初優勝し大関に昇進、同年7月場所後横綱推挙、21歳2か月で史上最年少の横綱となった。1985年1月場所中引退。力士生活18年間に幕内50場所連続勝ち越しなど、大鵬のもつ記録を次々と破ったが、優勝回数、連勝数だけは及ばなかった。優勝24回(全勝7)。日本相撲協会は一代年寄北の湖を贈り、その功に報いた。引退後は相撲協会理事として協会の運営にあたり、2002年(平成14)理事長に就任(~2015)。出身地である壮瞥町に「横綱北の湖記念館」(壮瞥町郷土史料館との複合施設)がある。[向坂松彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北の湖敏満の関連キーワード柏戸剛佐田の山晋松玉の海正洋栃ノ海晃嘉双羽黒光司朝潮太郎(3代)琴ケ浜貞雄中尾都山(2代)豊山勝男若乃花幹士(2代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北の湖敏満の関連情報