コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辜鴻銘 ここうめい Hua Hong-ming; Ku Hung-ming

2件 の用語解説(辜鴻銘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辜鴻銘
ここうめい
Hua Hong-ming; Ku Hung-ming

[生]咸豊7(1857).マライペナン
[没]1928. 北京
中国,清末,民国初期の学者。福建省同安県の人。名は湯生。字は鴻名。華僑の子として生れ,エディンバラ大学を卒業後,ドイツフランスイタリアなどに遊学。張之洞の秘書をつとめ,のち外務部左丞となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ここうめい【辜鴻銘 Gū Hóng míng】

1857‐1928
中国,清末・民国初の学者。本名は湯生,鴻銘は字。原籍は福建,華僑の子としてペナン島に生まれ13歳で渡欧,エジンバラ大学を優等で卒業。23歳で帰国後,17年間,清朝の大官僚張之洞の幕客をつとめ日本女性吉田貞子を妻とした。中華民国成立後,蔡元培北京大学長のもとで英文学の講座を担当,辮髪をたくわえた保守派の名物教授として芥川竜之介と会談したこともある。1924年,来日し大東文化学院の講師として3年間滞在。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

辜鴻銘の関連キーワード于右任呉昌碩王震蔡元培曾樸梁啓超廖平民国孽海花李平書

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone