コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地転用 のうちてんよう

5件 の用語解説(農地転用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農地転用
のうちてんよう

農地を宅地や工場用地など農業以外の目的に転用すること。農業生産力を維持していくため農地法によって許可制とし,転用を制限している。農地法では農地を確保の必要性の程度によって第1種から第3種に区分している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農地転用

農地を住宅地や工業用地など農地以外に転用すること。農地法により転用には原則、国や都道府県など自治体の許可が必要となる。ソフトバンク福島県南相馬市は、原発事故による放射能や津波の被災農地にメガソーラー(大規模太陽光発電)の立地を計画中で、転用せずにソーラーパネルが設置できる復興特区の実現を国に求めている。

(2012-05-17 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のうち‐てんよう【農地転用】

農地を住宅・工場用地や道路、山林などに転用すること。農地法に基づいて、市町村農業委員会への届け出、都道府県知事または農林水産大臣の許可が必要。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

農地転用【のうちてんよう】

農地を宅地・工場敷地等に転用すること。農業生産維持のため農地法の統制を受け,都道府県知事(2haを超えるときは農林水産大臣)の許可を要する。許可基準は市街地化地域から進めること,目的実現の確実性,候補地の非代替性,相隣関係の措置等を主眼とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

のうちてんよう【農地転用】

農地として登記してある土地を、他の用途に転用すること。市街化区域以外の場合は許可を要する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農地転用の関連キーワード採草放牧地宅地造成農地一時転用特定遊休農地農地のかい廃優良農地国有農地と開拓財産改正農地法農地の宅地なみ課税

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農地転用の関連情報