コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業センサス ノウギョウセンサス

デジタル大辞泉の解説

のうぎょう‐センサス〔ノウゲフ‐〕【農業センサス】

農業に関する全般的な全数調査。日本では、FAO(国連食糧農業機関)加盟国として10年ごとに世界農林業センサスが行われているほか、その中間の5年ごとに独自の農業センサスも実施されている。→センサス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

農業センサス【のうぎょうセンサス】

農業の実態に関する基本調査で,原則として全数調査による。日本では近代的なものは1950年FAO(国連食糧農業機関)の世界農業センサスに参加して始まり,以後5年ごとに実施。
→関連項目耕作放棄地農業統計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

のうぎょうセンサス【農業センサス】

国際連合食糧農業機関( FAO )の調査計画に基づいて、世界的規模で統一的に行われる農業実態調査。日本は1950年(昭和25)の第二回調査以来参加。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の農業センサスの言及

【世界農業センサス】より

…センサスとは通常,調査対象のすべてについて調査票を用い,全般的な多項目にわたる調査を行うことを意味するが,世界農業センサスは経済統計に関する国際条約(1927)にもとづき,10年ごとに実施されるものである。日本でセンサス方式で最初に実施された農業に関する調査は1938年の農家一斉調査であるが,本格的に実施されるようになったのは,50年FAO(国連食糧農業機関)が世界的規模でその実施を提唱した50年世界農業センサスに参加したときからである。…

※「農業センサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農業センサスの関連キーワードカブラル(Amilcar Cabral)国際連合食糧農業機関A. カブラル農業生産法人農業事業体農業労働者農林統計農村問題出稼ぎ自作農採草地休耕田農家耕地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android