コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業センサス ノウギョウセンサス

百科事典マイペディアの解説

農業センサス【のうぎょうセンサス】

農業の実態に関する基本調査で,原則として全数調査による。日本では近代的なものは1950年FAO(国連食糧農業機関)の世界農業センサスに参加して始まり,以後5年ごとに実施。
→関連項目耕作放棄地農業統計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のうぎょうセンサス【農業センサス】

国際連合食糧農業機関( FAO )の調査計画に基づいて、世界的規模で統一的に行われる農業実態調査。日本は1950年(昭和25)の第二回調査以来参加。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の農業センサスの言及

【世界農業センサス】より

…センサスとは通常,調査対象のすべてについて調査票を用い,全般的な多項目にわたる調査を行うことを意味するが,世界農業センサスは経済統計に関する国際条約(1927)にもとづき,10年ごとに実施されるものである。日本でセンサス方式で最初に実施された農業に関する調査は1938年の農家一斉調査であるが,本格的に実施されるようになったのは,50年FAO(国連食糧農業機関)が世界的規模でその実施を提唱した50年世界農業センサスに参加したときからである。…

※「農業センサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業センサスの関連情報