コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻六郎左衛門 つじ ろくろうざえもん

2件 の用語解説(辻六郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻六郎左衛門 つじ-ろくろうざえもん

1653-1738 江戸時代前期-中期の武士。
承応(じょうおう)2年生まれ。幕臣。勘定組頭(くみがしら),美濃(みの)郡代をへて,ながく勘定吟味役をつとめる。地方巧者(じかたこうしゃ)として知られ,地方支配に関する「辻六郎左衛門上書」(「辻氏献可録」)を幕府に提出した。元文3年3月5日死去。86歳。名は守参(もりみつ)。号は鶴翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻六郎左衛門
つじろくろうざえもん
(1653―1738)

江戸中期に活躍した地方巧者(じかたこうしゃ)の幕臣。六郎左衛門は通称。諱(いみな)を守参(もりみつ)といい、隠居後は鶴翁(かくおう)と号した。『辻六郎左衛門上書』1巻(『辻氏献可録』ともいう)は有名。初め館林(たてばやし)藩の家臣であったが、藩主徳川綱吉(つなよし)が5代将軍になったので幕臣となる。1688年(元禄1)に勘定(かんじょう)組頭、99年には美濃(みの)郡代に出世し、蔵米(くらまい)500俵の支給を改めて、知行地(ちぎょうち)500石を与えられた。さらに1718年(享保3)勘定吟味役(ぎんみやく)となり、老齢のため隠退する32年まで同役を勤めた。地方巧者として名が高かったので、享保(きょうほう)年間(1716~36)には幕府から地方(じかた)支配についての諮問(しもん)を受け「上書」を提出した。体験に基づいて田制の由来・慣例などを記しており、幕府の地方支配の実体を知るうえで貴重な史料である。『日本経済大典』『日本経済叢書(そうしょ)』所収。[竹内 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の辻六郎左衛門の言及

【美濃郡代】より

…堤方役所は世襲の地役人12名からなり,交代寄合美濃衆高木三家の家臣の川通掛とともに木曾三川(木曾川,長良川,揖斐川)の治水にあたった。歴代には岡田将監善同(1613‐31),岡田将監善政(1631‐60)をはじめ,辻六郎左衛門守参(もりみつ)(1699‐1718)や井沢弥惣兵衛為永(1735‐37)がいる。 美濃郡代に関する文書,記録は大部分が散逸したが,岐阜県歴史資料館,名古屋市蓬左文庫に一部が保存され,岐阜県立図書館《郷土資料目録》,蓬左文庫《蓬左文庫古文書古絵図目録》に目録化されている。…

※「辻六郎左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

辻六郎左衛門の関連キーワード狩野探信常行飯田東渓斎部伊紀河野安山佐野郷成真察田辺整斎太兵衛山下煕庵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone