コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻端亭 つじ たんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻端亭 つじ-たんてい

1624-1668 江戸時代前期の儒者。
寛永元年生まれ。京都の人。14歳のとき江戸にでて林羅山にまなび,水戸藩につかえる。寛永の末,幕命で林羅山らが編修した「寛永諸家系図伝」の中の平氏の系譜を担当。また「東国通鑑」に訓点をくわえて刊行した。寛文8年9月15日死去。45歳。名は達。字(あざな)は思聡。通称は了的。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辻端亭の関連キーワード辻好庵辻達

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android