コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東国通鑑 とうごくつがんTongguk-t'onggam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東国通鑑
とうごくつがん
Tongguk-t'onggam

朝鮮の史書。 56巻,外紀1巻。朝鮮王朝 (李朝) の世祖のとき着手し,成宗 15 (1484) 年に完成した。徐居正らの撰で,古朝鮮から高麗末までの歴史を編年体で叙述したもの。巻首外紀は三韓まで。本紀三国時代から高麗時代末までを記しているが,他書の引用や誤りが多く信憑性が薄い。しかし本書は朱子学的な立場で叙述され,体系的で便利なところから朝鮮王朝時代に基本的史書の一つとなり,日本でも江戸時代初期にもたらされ,明治まで重んじられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうごくつがん【東国通鑑】

朝鮮の三国時代から高麗末までを記した李朝前期の歴史書。徐居正らにより,1484年(成宗15)に成る。外紀1巻,本文56巻。巻首の外紀は,檀君・箕子衛満の諸朝鮮,漢の四郡,三韓などを略述し,本文は三国時代から高麗末までを編年体で記す。内容的には,既存の《高麗史節要》(1452),《三国史節要》(1476),その他の中国の関係史料などをそのまま利用したにすぎず,しかも誤りを含むので,史料としてはあまり重視されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の東国通鑑の言及

【渤海】より

… ついで李朝になると,《高麗史》(1451),《高麗史節要》(1452)などには,多くの渤海人の亡命記事がみえ,また王建の契丹との絶交を義挙と賞賛している。ところが,《東国通鑑》(1484)になると,〈契丹が渤海を裏切って滅亡させたことなど,どうしてわが国と関係があるのか〉といって,王建の行為を非難する意見が示されるにいたった。これは李朝の北進策の後退,現実に旧渤海領の大半が女真など他民族の支配下にあることなどによる渤海への関心の低下を反映しているものと思われるが,以後《東国通鑑》の評価が支配的になっていく。…

※「東国通鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東国通鑑の関連キーワード世祖[朝鮮王朝]成宗[朝鮮王朝]申叔舟辻端亭

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android