コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻金具 つじかなぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻金具
つじかなぐ

馬具の一種。尻繋 (しりがい。→三繋 ) の交差するところに取付ける金具。古墳出土のものは半球状の座の四方に短い足が出て,その足に紐を鋲留めにする形式で,鉄の地に金銅を張ったものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つじかなぐ【辻金具】

馬具の一部。三繫(さんがい)(面繫(おもがい),胸繫(むながい),尻繫(しりがい))の革紐や組紐が交差するところ,すなわち辻の留金具。紐が四方に出るものと三方に出るものとがあり,辻金物ともいう。前1千年紀以前の中国では青銅製の管状十字形や笠形が多く用いられたが,漢代に紐を環状金具にかけて留める方法にかわり,5世紀には鉄地金銅張り,金銅製,鉄製の脚付半球形金具の脚に紐を鋲で留める方法が加わった。この系統に属するものは,日本では平安時代から雲珠(うず)とよばれたが,5脚以上を雲珠とし,機能的に4脚と3脚を辻金具として区別したほうがよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

辻金具の関連キーワード法恩寺山古墳群峯ヶ塚古墳竹原古墳鞍金具

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻金具の関連情報