コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲珠 うず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲珠
うず

馬具の一種。日本で上古時代の飾り馬平安時代以後の唐鞍 (からくら) の革尻繋 (しりがい。→三繋 ) の辻の上に飾った辻金具。上古時代のものには玉 (珠) 形あるいは鈴形など金銅製のもののほか,鉄地金銅張りのものもある。名称は「うず高い金物」の意味でつけられた。平安時代には水精宝珠に火炎形台をつけた形式に決ったようである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雲珠【うず】

馬具の一つ。尻繋(しりがい)の交差するところにつける金具が装飾的に発達したもの。
→関連項目馬具

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

雲珠

 馬につけるかざり金具の一種で、鞍[くら]をつなぐ皮帯の交差する部分につけます。辻金具[つじかなぐ]の一部ですが、その中でも大型のものです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うず【雲珠】

馬具の一部の名称。面繫(おもがい)などがそれぞれ交差する辻の上につけた如意宝珠ようの金具を,唐鞍(からくら)の制で雲珠とよんだことに由来する。金具がうず高くつくられていることから,このような名称が生まれたものといわれる。したがって辻金具や三繫(さんがい)につけられたうず高い飾金具も雲珠とよばれるわけであるが,最近では機能的に区別し,尻繫(しりがい)の中央部におき5個以上脚をもつ金具に限定して使用することが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うず【雲珠】

唐鞍からくらの鞦しりがいにつける宝珠の形をした飾り。 → 唐鞍

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雲珠の言及

【辻金具】より

…前1千年紀以前の中国では青銅製の管状十字形や笠形が多く用いられたが,漢代に紐を環状金具にかけて留める方法にかわり,5世紀には鉄地金銅張り,金銅製,鉄製の脚付半球形金具の脚に紐を鋲で留める方法が加わった。この系統に属するものは,日本では平安時代から雲珠(うず)とよばれたが,5脚以上を雲珠とし,機能的に4脚と3脚を辻金具として区別したほうがよい。紐を組み合わせるか結び合わせて辻をつくり,金具類を辻に使用しない面繫や尻繫もある。…

※「雲珠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲珠の関連キーワード法恩寺山古墳群綿貫観音山古墳菅沼 宗四郎御所山古墳賤機山古墳中田横穴大谷古墳築山古墳雲珠桜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android