コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤譲 こんどうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近藤譲
こんどうじょう

[生]1947.10.28. 東京
作曲家。高校時代より長谷川良夫に師事。 1972年東京芸術大学作曲科卒業。在学中の 70年,大阪万国博覧会の現代音楽祭で,図形楽譜による室内楽作品『ブリーズ』を発表し注目を集めた。 73年より『線の音楽』シリーズを発表し,77年ロックフェラー財団の招きで渡米。翌年「パリの秋」芸術祭で特集されるなど欧米でも高い評価を得た。 80年「アンサンブル・ムジカ・プラクティカ」を結成し,現代音楽の紹介など積極的に活動を行う。代表作は『オリエント・オリエンテーション』 (1973) ,『時の形』 (80) など。また早くから評論も行い,著書に『線の音楽』 (79) ,『耳の思考』 (85) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

近藤譲の関連キーワードアメリカ音楽

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤譲の関連情報