コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追儺面 ついなめん

世界大百科事典 第2版の解説

ついなめん【追儺面】

追儺に用いられる仮面をいうが,古代の宮中で行われた大儺(たいな)に登場して疫鬼を追う方相氏の仮面は黄金四目といわれ,これに相当する遺品は現在のところ韓国に1面知られているだけである。むしろ平安時代以降,社寺で行われた修正会(しゆしようえ),修二会(しゆにえ)の結願日に行われた鬼走りとか鬼追いの行事に用いられた数種の鬼面が,追儺面と呼ばれていることが多い。この行事に用いられたと思われる鬼面には,父・母・子の3種一組や父母一対の場合があり,鬼を追う方の竜天,毘沙門という役も鬼面と似たような表現の仮面を用いたようで,伝承された地方,系統によってかなり変化がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android