コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追儺面 ついなめん

1件 の用語解説(追儺面の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ついなめん【追儺面】

追儺に用いられる仮面をいうが,古代の宮中で行われた大儺(たいな)に登場して疫鬼を追う方相氏の仮面は黄金四目といわれ,これに相当する遺品は現在のところ韓国に1面知られているだけである。むしろ平安時代以降,社寺で行われた修正会(しゆしようえ),修二会(しゆにえ)の結願日に行われた鬼走りとか鬼追いの行事に用いられた数種の鬼面が,追儺面と呼ばれていることが多い。この行事に用いられたと思われる鬼面には,父・母・子の3種一組や父母一対の場合があり,鬼を追う方の竜天,毘沙門という役も鬼面と似たような表現の仮面を用いたようで,伝承された地方,系統によってかなり変化がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

追儺面の関連キーワード行道面仮面を被る仮面を脱ぐ太古代方相氏仮面鬱病京菓子古代切泥溶岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone