コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修二会 しゅにえ

7件 の用語解説(修二会の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

修二会

お水取り(東大寺)」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅに‐え〔‐ヱ〕【修二会】

修二月会(しゅにがつえ)」の略。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

修二会【しゅにえ】

修二月会の略(旧2月に行われたのでこの名がある)。現在では3月1日から15日まで,奈良東大寺二月堂で行われるのが名高い。二月堂の開祖実忠和尚によって752年に始められたという。
→関連項目大和猿楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅにえ【修二会】

修二月会あるいは単に修二月ともいう。毎年2月の初めに国家の安泰,有縁の人々の幸福を祈願する法会。インドでは建卯すなわち2月を歳首とすることが《宿曜経》にみえ,日本では年頭の法会を修正会,2月に祈修する法会を修二会と称した。《三宝絵詞》に〈此月の一日よりもしくは三夜・五夜・七夜,山里の寺々の大なる行也。つくり花をいそぎ,名香をたき,仏の御前をかざり〉とみえるように,寺々で盛んに行われた。《師光年中行事》や《年中行事抄》によると,12世紀初頭ころには,2月2日の蓮華蔵院の修二会をはじめ,5日の宝荘厳院,8日の法勝寺常行堂などで行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅにえ【修二会】

2月に行われる国家安泰を祈る法会。特に、3月1日から14日間、奈良東大寺の二月堂で行われる法会。修二月会。 [季] 春。 → 御水取おみずと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修二会
しゅにえ

仏教儀式名。2月 (新暦あるいは旧暦) に執行される悔過 (けか) の行事。2月は正月に準じ,修正会 (しゅしょうえ) と同様,旧年の穢れを祓う懺悔 (さんげ) の行と新年の平安・豊穣祈念を行う。中国の儀式を起源とし,日本でも奈良時代には南都七大寺で盛んに行われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

修二会
しゅにえ

毎年2月の初めに国家の平安、有縁(うえん)の人々の幸福などを祈願する仏会(ぶつえ)。修二月会、修二月とも称した。インドでは建卯(けんぼう)すなわち2月を歳(とし)の首(はじめ)とすることが『宿曜経(すくようきょう)』にみえ、わが国では年頭の仏会を修正会(しゅしょうえ)、2月に行う法会(ほうえ)を平安時代には修二会と称した。東大寺二月堂の修二会(御水取(おみずとり))は十一面観音菩薩(かんのんぼさつ)を本尊とする十一面悔過(けか)として有名であるが、984年(永観2)の『三宝絵詞(さんぼうえことば)』の修二月にみられるように、2月1日ころより、三夜、五夜、七夜にわたって、京都の山寺でも盛んに行われており、寺々により修二会の内容は異なっていた。『延喜主税式(えんぎしゅぜいしき)』にみえる奈良新薬師寺のそれは薬師悔過会で、伊勢(いせ)国(三重県)近長谷寺(きんちょうこくじ)(光明寺)の修二会は十一面悔過会であった。平安中期以降には、蓮華蔵院(れんげぞういん)、延暦寺(えんりゃくじ)、宝荘厳院(ほうしょうごんいん)、法勝寺(ほっしょうじ)、興福寺、秋篠寺(あきしのでら)などでも行われていたが、中世に至って廃絶し、今日わずかに、東大寺二月堂、薬師寺、新薬師寺などで行われているにすぎない。[堀池春峰]
『堀池春峰著「二月堂修二会と観音信仰」(『南都仏教史の研究 上』所収・1980・法蔵館) ▽堀池春峰他著『お水取り』(1985・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の修二会の言及

【悔過作法】より

…主尊の違いによって,薬師悔過,阿弥陀悔過,十一面(観音)悔過,如意輪(観音)悔過,吉祥悔過,舎利悔過などの種類があるが,その法要の構成には共通する部分が多い。旧正月,旧2月に当たる時期に春迎えの仏事として行われ,修正会(しゆしようえ)・修二会(しゆにえ)の法要としてつとめるのが普通で,数日にわたり,また1日数回にわたる例が多い。もっとも大規模なのは東大寺の修二会で,上七日(じようしちにち)・下七日(げしちにち)の14日間にわたり,毎日6回,日中・日没(にちもつ)・初夜・半夜・後夜・晨朝(じんぢよう)の六時に相当する悔過作法が行われる。…

【宗教音楽】より

…例えばフランスのテゼーの〈兄弟団〉をめぐるエキュメニカル(教会合同)な典礼と聖歌の運動は,日本にも影響を及ぼしている。
[仏教音楽]
 たとえば東大寺の〈修二会〉に際して歌われる声明やホラガイなどの吹奏は,最も古い仏教音楽を伝えているものと考えられている。天台,真言の両声明の伝統は平安時代以来,現在までの日本声明の根幹をなしてきたばかりでなく,日本のさまざまな伝統音楽の起源ともなっている。…

【呪師】より

…すなわち,法会の場への魔障の侵入を防ぎ,護法善神を勧請(かんじよう)して,法会の円満成就のための修法を行う。たとえば,悔過会の代表例にあたる東大寺修二会(しゆにえ)(通称,御水取)では,4種の重要な役割が設けられており,通常,上席から和上(わじよう),大導師(だいどうし),呪師,堂司(どうつかさ)と称する。和上は戒律を専門とし,大導師は法要全体を統括し,堂司は庶務や対外折衝にあたる。…

【呪師猿楽】より

…平安時代,寺院に属し,法会の際に呪師の役を代行した猿楽。東大寺,興福寺等の大寺では,春を迎え,新しい年の太平を祈る修正会(しゆしようえ),修二会(しゆにえ)の勤行の際,法呪師(呪師)と呼ぶ役僧が,仏法守護の神々を勧請して,結界,鎮壇,鎮魔,除魔等の密教的な行法を受け持った。行法の動作は激しく,鈴を鳴らし,太刀を振り,足早に小刻みに走り回った(走り)らしい。…

【薪能】より

…奈良興福寺の修二会(しゆにえ)に付した神事猿楽で,薪猿楽,薪の神事とも称され,東・西両金堂,南大門で数日間にわたって行われた。《尋尊御記》には〈興福寺並びに春日社法会神事〉,《円満井(えんまい)座壁書》には〈御神事法会〉,世阿弥の《金島書(きんとうしよ)》には〈薪の神事〉などと記されている。…

※「修二会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

修二会の関連キーワードお水取り(東大寺)御水取り修二月会二月堂二月堂の牛王年行御水取奈良県奈良市川上町奈良県奈良市西大寺芝町実忠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

修二会の関連情報